塗装のタイミング

住宅を購入するとき、意外に知られていないのが、外壁塗装のタイミングです。それもそのはず、住宅を購入したばかりの時にはその住宅がくたびれたことなど考えるはずもありません。 ですので、ほとんどのひとてゃ適正な時期に外壁塗装をすることを忘れてしまいます。 外壁塗装をするのに一番適している時期は新築から10年目なのです。中古住宅の場合は前にリフォームした時から10年と考えてください。 なぜ外壁塗装のが新築やリフォームをしたときから10年目なのかと言えば、外壁塗装の寿命が10年が寿命の目安と言われているからです。 10年という数字を聞いて「たったそれだけの期間しか持たないのか」と思われる人もいるかもしれませんね。

ですが、少し考えるとわかりますが、住宅の外壁は一年中強い紫外線や雨風を受けています。それを10年も経過すればかなりダメージが大きくなのです。実際に外壁塗装でも平均的なものは10年程度が寿命であることが多いのです。 ただ、10年が外壁塗装の目安だとしても、新築の時にそこまで考えてお金を貯めておく人はあまりいません。 そこで、できるだけ新築のうちから先々の出費も想像して、早い段階からためておくべきでしょう。外壁塗装に限らずリフォームをしなければならない時は、たいてい住宅ローンも返済中の頃が多いのです。これに加えて子供が受験を控えていてお金がかかるとすればたまったものではありません。 新築を購入すれば外壁塗装やリフォームは必ずすると覚悟をして購入を検討してみてください。